メイン ミレニアル世代が使用する15の単語とフレーズが、他の誰も理解していません

ミレニアル世代が使用する15の単語とフレーズが、他の誰も理解していません

時々、人々がクリンゴン語で話しているように見えることがあります。

ソーシャルメディアとテキストメッセージの出現により、まったく新しいコミュニケーション方法が生まれました。これは、人々が面白いと感じたミームやソーシャルメディアの間違いのために生まれた、速記、結合された単語、略語、フレーズの組み合わせであり、デジタル時代のコミュニケーションに役立ちます。これが私がソーシャルメディアで聞いたり発見したりしたものです。 (助けを求めて私のTwitter仲間に特別な叫び声を上げて。)



ポーリーD生年月日

1.パビング

私はシェリー・タークルの本の初期のレビューのコピーを読んでいます、そしてこの言葉は数回出てきます。それは、誰かがテキストメッセージを送っているときやコンピューターであなたと話していることを意味します。私たちのほとんどが同時に話すこととタイプすることは不可能であるという理由だけで、それは否定的な用語です。



2.犬P

あなたがそれについて考えるとき、このフレーズはかなり明白です。これは、「100%」、またはこのフレーズを使用している人が協力的で承認していることを意味します。

3. JOMO(逃した喜び)

ミレニアル世代は、次のような使い古された頭字語を好む FOMO (見逃しの恐れ)そして彼らの意志にそれをひねります。 「逃す喜び」とは、そもそも足りないものを逃すことを意味します。



4.申し訳ありませんが申し訳ありません

ミレニアル世代の場合、偽の謝罪は精神の一部です。少し申し訳ありませんが、それに値しないときに心からお詫びするという考えをからかってみたいと思います。

5.私もできません

職場でこのフレーズを聞いたら、気を付けてください。それは、話者が忍耐力を失い、言葉を失い、何かについてかなりイライラしていることを意味します。

6.闘争は本物です

ミレニアル世代が職場でこのフレーズを使用する場合、それは彼らがイライラしていることを意味します。彼らはあなたに難しい問題や本当の困難があることを知らせるためにそのフレーズを使うかもしれません。



7.フルートについて

眉毛に関するInstagramの投稿で最初に使用されました(そうです、これらの用語のオリジンストーリーは、用語自体と同じくらい奇妙な傾向があります)。ビジネスの文脈では、それは何かがうまく実行され、認める価値があることを意味します。

8.ディプロマッツ

これをソーシャルメディアで聞いたとき、私は混乱しました。それは何かを保釈することを意味します-何かが足りないので去ること。トピックが退屈な場合は、会議から「ディプセット」する可能性があります。これを使用する場合は、他の人があなたを理解しているかどうか教えてください。

9.ペ

の長いエッセイによると、この言葉は支持されなくなった アトランティック それはおそらく必要ではありませんでしたが、それでも人々が職場でそれを使用しているのを聞くでしょう。それはあなたの大切な人を意味します。

マイケル・チェの身長

10.V

一文字である別の「単語」、 v テキストメッセージやソーシャルメディアの会話に重点を置くため、一般的です。これは、このプロジェクトについて「私はとても興奮している」のように、「非常に」を意味します。また、3文字余分に入力する必要がないことも意味します。

11.パフォーマンス

別の短縮語、 パフォーマンス 「完璧」を意味し、原因または計画への同意を示します。このリストにある多くの俗語のように、それはあなたが多くの文字をタイプする必要がないために起こりました。の短縮版と混同しないでください パフォーマンス

12. JK

JK - 冗談だ -これは新しい略語ではありませんが、時の試練に耐えてきました。誰かが冗談を言って、あなたにユーモアを感じさせたいときに使用されます。

13.それは私です

この「it'sme」の短縮版は、合意と自己識別の用語としてよく使用されます。それは、その人がそのトピックに共感していることを意味しますが、彼らは詳細に説明したくないのです。それはあなたが何かに関係することができると言うための簡単な方法です。

14. P

一文字それ自体が単語ですか?これは、オックスフォードがまだ決定していないかどうかを判断する必要があることですが、ミレニアル世代にとっては、 p すでに彼らの大砲の一部です。の代替品です 可愛い (「私は興奮しています」のように)そしてあなたの次の電子メールの会話に現れるかもしれません。

15. TBH

これは非常に簡単に推測できます(または「推測しやすい」と言うべきですか?)。これは「正直に言う」という意味で、通常は冗談かもっと誠実なコメントが続きます。