メイン 仕事と生活のバランス 仕事を辞めるのが正しい5つの理由

仕事を辞めるのが正しい5つの理由

仕事を辞めるという決定を下すのは難しい場合があり、軽視すべきではありません。多くの人が現在の立場に不満を持っていると主張しますが、あなたの仕事を嫌うことと辞めたいことには違いがあります。

モチベーションの欠如や困難な職場環境などの正当な理由で仕事を嫌うことは、辞めるのに十分な原因となる可能性があります。ただし、仕事を辞めた場合のすべての結果を慎重に検討することが重要です。それを残すのには良い理由と悪い理由があります。これらは、前に進んで頭を高く保つための最良の理由の 5 つです。



1.新しい仕事が並んでいます

新しい、理想的にはより良い仕事が並んでいるために仕事を辞めることは、辞める非常に良い理由です。現在のポジションを辞める前に、この新しい仕事が開始日と給与の設定で確認されていることを確認してください。事前の通知が必要ない場合は、終了する前にコンピュータとオフィスを徐々にクリーンアップすることもお勧めします。



事前の通知が必要かどうかに関係なく、最後の瞬間に雇用主に通知することも望まないでしょう。ある時点でそれらからの参照が必要になる場合があります。また、いつか戻る機会があるかもしれません。常に2週間、または可能であればそれ以上の通知を行うようにしてください。それらを敬意を持って扱い、橋を燃やさないでください。

2.困難な作業環境

困難な環境で働くことは、多くのことを意味する可能性があります。私が見た中で最も一般的な困難は、常にあなたを倒したり、あなたを粗末に扱ったりする否定的な上司や同僚と協力することです。会社の将来についての不確実性は、あなたの雇用保障の懸念が常にあなたの心の最前線にあるかもしれないので、悪い職場環境を構成するかもしれません。



仕事をきちんと完了する能力に影響を与える環境は難しい職場環境であるため、より前向きな環境を見つけることを期待して去ることは、仕事を辞める十分な理由です。

3.転職

明らかに、あなたのキャリアを変えることはおそらくあなたの仕事を変えることも意味するでしょう。学校に戻るためにフルタイムの仕事を辞めること、より良い機会のために転居すること、または別の分野を追求することは、あなたの仕事を辞めるいくつかの容認できる理由です。理想的には、この変更が現在の位置にとどまるよりも経済的に、そして最も重要なことに精神的に優れたオプションであることを確認する必要があります。

4.モチベーションなし

不幸なことに、ほとんどの人は、毎日の仕事に情熱を持っていないことがどういうことかをいつかは知っています。仕事にやる気がないことは、辞めて新しい仕事を見つける必要があるかもしれないという大きな兆候です。自分の仕事で最低限のことをしていることに気付いた場合、あなたは十分に挑戦されていないか、仕事を楽しんでいません。



場合によっては、このモチベーションの低下は、あなたの会社のガラスの天井に起因すると考えられます。現在のポジションで昇進する可能性が低いと思われる場合は、他の場所で仕事を探し始めることをお勧めします。今日のペースの速いビジネスの世界では、多くの人々は、実際には現在の役割に満足していても、他の会社でより良いポジションを探すために毎日時間を費やしています。キャリア志向の高い人々は、停滞している状況に身を置くことを望んでおらず、彼らの仕事のスキルの継続的な開発はほとんどありません。

しかし、しばらくすると、最もやる気のある従業員でさえ、自分のキャリアに触発され続けるのに苦労する可能性があります。あなたがこれを経験しているなら、それはあなたの仕事をやめることを検討する最大の理由の1つです。精神的にチェックアウトした場合、長期的には自分自身を傷つけている可能性があります。好きな仕事に早く就けるほど、あなたの人生はより幸せになります。

fgteevduddyは何歳ですか

5.あなたの仕事はあなたに過度のストレスを引き起こしています

すべての仕事にはある程度のストレスが伴いますが、特定の人に他の人よりも多くのストレスを引き起こす可能性があります。ストレスが多すぎると、片頭痛や潰瘍などの深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。あなたの仕事があなたの健康に影響を及ぼし始めているほどのストレスを引き起こしているのであれば、やめるか、おそらく責任を減らすことを検討する時かもしれません.

ストレスが仕事以外の影響を受けている場合は、仕事を少し休む必要があるかもしれません。適切に仕事をすることができないストレスのたまった労働者は、会社に有害である可能性があります。外部ストレスの主な原因には、個人的な病気や家族の病気が含まれます。

仕事を始める前に、仕事のさまざまな側面と退職の理由を分析してください。また、橋を燃やしたり、推奨事項の良い情報源を失ったりしないように、辞めるときは礼儀正しくすることも重要です。