メイン 効果的にノーと言うための7つのヒント

効果的にノーと言うための7つのヒント

最近、知人からニューヨーク市を訪問している間、彼が私と一緒にいてくれないかと尋ねるメールを受け取りました。念のために言っておきますが、これは私があまり近くにいない人で、彼にはホテルを予約する手段がありました。私は単に彼を留まらせることに不安を感じた。私には3つの選択肢がありました。1。「いいえ」と言って気分が悪くなったので「はい」と言うことができました。 2.私はノーと言うことができ、多分それを言うことについて気分が悪くなります。または3.私はノーと言うことができ、それを言うことについて悪く感じることはありません。私はオプション3で行きました。

あなたは不思議に思うかもしれません、どうやってノーと言ってそれについて悪く感じないのですか?それに答えるには、まず、人々が誰かを断るのが悪いと感じる理由を理解する必要があります。あなたがその人を拒絶しているように、ノーと言うことは攻撃的に感じるかもしれません。ほとんどの人は侵略者になりたくありません。それには否定的な意味合いがあります。または彼らは悪者やギャルのように感じるかもしれません。彼らはその人をがっかりさせていると感じ、罪悪感を感じるかもしれません。あるいは、彼らは自分たちが好かれなかったり、思いやりがなく役に立たないと感じられたりすることさえあるかもしれません。その結果、人々は通常、潜在的な対立が最も少ない道を進み、他者を遵守します。



人々がノーと言うなら、彼らは通常、言い訳を伴う効果のない方法でそれをします。たとえば、「助けたいのですが、本当に忙しい」と言うかもしれません。このアプローチの問題は、他の人に質問を続ける機会を与えることです。彼または彼女は開口部があると感じています。 「今週は忙しいので、来週はどうですか?」



効果的にノーと言う方法は次のとおりです。

1.言ってください。



茂みの周りを殴ったり、弱い言い訳や裾と鷹を提供したりしないでください。これは、他の人に開口部を提供するだけです。遅らせたり、失速させたりしないでください。必要と思われる場合は、簡単な説明を提供してください。ただし、やむを得ないと感じないでください。言わないほうがいい。

2.断定的かつ礼儀正しくします。

「申し訳ありませんが、今はできませんが、できる場合はいつでもお知らせします」と言うかもしれません。このアプローチは礼儀正しく、ダイナミクスを変えることで力のある立場になります。あなたが担当していて、できる場合はいつでも知らせるように人々に伝えています。別の例として、「あなたが私に助けを求めてくれたことに感謝しますが、私は今、あなたに質の高い助けをするために時間を割くにはあまりにも痩せています。」



3.人々の戦術を理解します。

多くの人々や組織は、故意であろうとなかろうと、操作技術を使用しています。たとえば、慈善団体への寄付の勧誘を受け取り、強制的なオプションがある場合を考えてみてください。「$ 10、$ 20、$ 30、またはXの金額を寄付しますか?」別の戦術:「ほとんどの人は20ドルを寄付します。いくら寄付しますか?」これは社会的圧力に依存しています。

マークバラスは何歳ですか

4.境界を設定します。

人間関係を評価し、人間関係における自分の役割を理解するために時間を割いていないために、人々は時々ノーと言うのに苦労します。ダイナミクスと自分の役割を本当に理解していれば、ノーと言った場合の結果について心配する必要はありません。あなたはあなたの関係がしっかりしていて、あなたのノーと言うことに耐えることができることに気付くでしょう。

5.質問者に質問を戻します。

これは、作業状況で非常に効果的です。スーパーバイザーが、あなたが処理できる以上のいくつかのタスクを引き受けるようにあなたに求めているとしましょう。 「X、Y、Zを実行できてうれしいです。しかし、良い仕事をするためには、2週間ではなく3週間かかるでしょう。どのように優先順位を付けてほしいですか?」

6.しっかりしなさい。

誰かがあなたのノーを受け入れることができない場合、あなたはその人がおそらく本当の友達ではないか、あなたを尊重していないことを知っています。しっかりと立ち、その人が不快であるという理由だけで屈服することを強いられていると感じないでください。

7.利己的であること。

あなたのニーズを最優先してください。あなたに何かを求めている人のものではありません。その人のニーズをあなたのニーズよりも優先すると、生産性が低下し、恨みが高まります。おそらく、「成功した人々と非常に成功した人々の違いは、非常に成功した人々がほとんどすべてにノーと言うことです」と言ったウォーレン・バフェットから学ぶことができます。