財務諸表

財務諸表は、企業の財務状況の記録です。これらには、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの標準レポートが含まれます。これらは、ビジネス情報の最も重要なコンポーネントの1つとして、またエンティティに関する財務情報を外部の関係者に伝達するための主要な方法として機能します。技術的な意味では、財務諸表は、特定の時点での企業の財政状態の合計です。一般に、財務諸表は、多くの多様なユーザー、特に現在および潜在的な所有者と債権者のニーズを満たすように設計されています。財務諸表は、主に企業(または個人)の会計システムから取得した大量のデータを単純化、要約、および集約することで得られます。



財務報告

財務会計基準審議会によると、財務報告には、財務諸表だけでなく、企業に関する財務情報を外部ユーザーに伝達する他の手段も含まれています。財務諸表は、投資と信用の決定、およびキャッシュフローの見通しの評価に役立つ情報を提供します。これらは、企業のリソース、それらのリソースに対する要求、およびリソースの変更に関する情報を提供します。



財務報告は、財務諸表、財務諸表の注記と括弧内の開示、補足情報(価格の変更など)、およびその他の財務報告の手段(経営陣の議論と分析、株主への手紙など)を含む広い概念です。財務報告は、企業について経済的決定を下す人々が必要とする情報源の1つにすぎません。

財務報告の主な焦点は、収益とその構成要素に関する情報です。発生主義会計に基づく収益に関する情報は、通常、現金の受け取りと支払いによって提供されるものよりも、企業の現在および継続的なプラスのキャッシュフローを生み出す能力のより良い指標を提供します。



クリステル・カリルは何歳ですか

主要な財務諸表

企業の基本的な財務諸表には、1)貸借対照表(または財政状態計算書)、2)損益計算書、3)キャッシュフロー計算書、および4)所有者の資本または株主の資本の変化の計算書が含まれます。貸借対照表は、特定の日付における事業体のスナップショットを提供します。これには、企業の資産、負債、および企業の場合は特定の日付の株主資本が一覧表示されます。損益計算書は、特定の期間における企業の収益、利益、費用、損失、および純利益または純損失の要約を示します。この声明は、この期間中の事業体の事業の動画に似ています。キャッシュフロー計算書は、特定の期間における事業、投資、および財務活動に関連する企業の現金受領および現金支払いを要約したものです。所有者のエクイティまたは株主のエクイティの変更のステートメントは、企業の期間エクイティの開始と終了残高を調整します。

現在財務諸表で報告されている項目は、さまざまな属性(たとえば、取得原価、現在のコスト、現在の市場価値、正味の信頼できる価値、および将来のキャッシュフローの現在価値)によって測定されます。取得原価は、資産と負債を提示する従来の手段です。

財務諸表の注記は、財務諸表の最後に追加される有益な開示です。これらは、使用される減価償却および在庫方法、長期債務の詳細、年金、リース、所得税、偶発債務、連結方法などの事項に関する重要な情報を提供します。ノートは財務諸表の不可欠な部分と見なされます。スケジュールおよび括弧内の開示は、財務諸表の他の場所で提供されていない情報を提示するためにも使用されます。



各財務諸表には見出しがあり、エンティティの名前、ステートメントの名前、およびステートメントの対象となる日付または時刻が示されます。財務諸表で提供される情報は、主に財務的な性質のものであり、金額の単位で表されます。この情報は、個々の企業に関連しています。多くの場合、情報は正確な測定値ではなく、概算と推定値の積です。財務諸表は通常、すでに発生した(つまり、過去の)取引やイベントの財務上の影響を反映しています。

2つ以上の期間の財務データを表示する財務諸表は、比較財務諸表と呼ばれます。比較財務諸表は通常、現在の期間と1つ以上の前の期間について同様のレポートを提供します。これらは、アナリストに2年以上にわたる傾向と関係に関する重要な情報を提供します。比較ステートメントは、単一年のステートメントよりもかなり重要です。比較ステートメントは、単一の会計期間の財務諸表が会社の継続的な歴史の一部にすぎないという事実を強調しています。

中間財務諸表は、1年未満の期間の報告です。中間財務諸表の目的は、会計情報の適時性を改善することです。包括的な財務諸表を発行する会社もあれば、要約財務諸表を発行する会社もあります。各中間期間は、主に年次期間の不可欠な部分と見なされるべきであり、通常、会社の最新の年次報告書の作成に使用された一般に認められた会計原則(GAAP)を引き続き使用する必要があります。財務諸表は、信頼性に対するユーザーの信頼を高める目的で、独立した会計士によって監査されることがよくあります。

すべての財務諸表は、いくつかの会計上の仮定に基づいて作成されています。すべての取引はドルで表現または測定できるということ。企業が無期限に事業を継続すること。そして、その声明は定期的に作成されます。これらの仮定は、財務会計の理論と実践の構造の基礎を提供し、財務情報が特定の方法で提示される理由を説明します。

財務諸表はまた、一般に認められた会計原則に従って作成されなければならず、会社の会計手順および方針の説明を含まなければなりません。標準的な会計原則では、資産と負債を原価で記録することが求められています。実現時および取引が行われたとき(通常は販売時点)の収益の認識、およびマッチング原則に従った費用の認識(収益に対するコスト)。標準的な会計原則はさらに、会社に関連する不確実性とリスクをその会計報告に反映すること、そして一般に、情報に通じた投資家にとって関心のあることはすべて財務諸表で完全に開示されるべきであることを要求します。

財務諸表の要素

財務会計基準審議会(FASB)は、企業の財務諸表の次の要素を定義しています:資産、負債、資本、収益、費用、利益、損失、所有者による投資、所有者への分配、および包括利益。 FASBによると、財務諸表の要素は、財務諸表を構成するための構成要素です。これらのFASBの定義は、「企業の財務諸表の要素」に明確に示されていますが、次のとおりです。

  • 資産 過去の取引またはイベントの結果として特定の事業体によって取得または管理される将来の経済的利益の可能性があります。
  • 包括利益 は、非所有者からの取引やその他のイベントや状況による、ある期間中の企業の資本(純資産)の変化です。これには、所有者による投資および所有者への分配に起因するものを除く、期間中のすべての資本の変動が含まれます。
  • 所有者への配布 資産の譲渡、サービスの提供、または所有者への負債の発生に起因する特定の企業の純資産の減少です。所有者への分配は、企業の所有権または資本を減少させます。
  • エクイティ は、負債を差し引いた後に残る企業の資産に対する残余持分です。事業体では、資本は所有権です。
  • 経費 財の提供または生産またはサービスの提供からの期間中の資産の流出またはその他の使用または負債の発生、あるいは企業の継続的な主要または中央業務を構成するその他の活動の実施。
  • ゲイン 事業体の周辺取引または付随的取引、ならびに所有者による収益または投資から生じるものを除く、期間中に事業体に影響を与える他のすべての取引およびその他の事象および状況からの資本(純資産)の増加です。
  • 所有者による投資 特定の企業の所有権(または資本)を取得または増加させるために、他の価値のあるエンティティからその企業に譲渡した結果として生じる特定の企業の純資産の増加です。
  • 負債 過去の取引または出来事の結果として、将来、資産を譲渡したり、他の事業体にサービスを提供したりする特定の事業体の現在の義務から生じる経済的利益の将来の犠牲となる可能性があります。
  • 損失 事業体の周辺取引または付随的取引、ならびに費用または所有者への分配に起因するものを除く、期間中に事業体に影響を与える他のすべての取引およびその他の事象および状況からの資本(純資産)の減少です。
  • 収益 企業の継続的な主要または中央業務を構成する商品の配送または生産、サービスの提供、またはその他の活動からの期間中の、企業の資産の流入またはその他の強化、またはその負債の決済(または両方の組み合わせ)です。

後発事象

会計用語では、後続のイベントは、貸借対照表の日付と年次報告書の発行日の間に発生する重要なイベントです。その後の出来事は、財務諸表に重大な影響を与える必要があります。 1つまたは複数のイベントが十分に重要であると考えられる場合、「後続のイベント」ノートを財務諸表とともに発行する必要があります。そのような情報がないと、イベントが開示されなかった場合に財務諸表が誤解を招く可能性があります。これらのイベントの認識と記録には、会計士または外部監査人の専門的な判断が必要になることがよくあります。

貸借対照表の日付の財務諸表に影響を与える事象は、未知の状態を明らかにしたり、見積りまたは判断に関する追加情報を提供したりする可能性があります。これらのイベントは、新しい証拠を認識するように財務諸表を調整することによって報告する必要があります。貸借対照表日に存在しなかったが、その日以降に発生した条件に関連するイベントは、財務諸表の調整を必要としません。ただし、イベントが将来の期間に与える影響は非常に重要であるため、脚注または他の場所で開示する必要があります。

個人財務諸表

個人財務諸表の報告主体は、個人、夫と妻、または関連する個人のグループです。個人の財務諸表は、銀行ローンの取得、所得税の計画、退職の計画、贈与および不動産の計画、および財務の公開に対処するために作成されることがよくあります。

各報告事業体について、財政状態計算書が必要です。このステートメントは、推定現在価値での資産、支払われる現金の割引額または現在の現金決済額のいずれか少ない方の負債、および純資産を示しています。資産の見積現在価値との差額に対する見積所得税についても引当金を計上する必要があります。 1つ以上の期間の比較ステートメントを提示する必要があります。純資産の変動計算書は任意です。

開発段階の会社

実質的にすべての努力が新規事業の設立に向けられており、1)主要な事業が開始されていない、または2)主要な事業が開始されているが収益がわずかである場合、その企業は開発段階の企業と見なされます。 。開発段階の企業の活動には、多くの場合、財務計画、資金調達、研究開発、人材の採用とトレーニング、および市場開発が含まれます。

開発段階の企業は、財務諸表の作成において、事業企業に適用される一般に認められた会計原則に従わなければなりません。貸借対照表では、会社は累積純損失を資本セクションで個別に報告する必要があります。損益計算書では、企業の設立からの累積収益と費用を報告する必要があります。同様に、キャッシュフロー計算書では、企業の設立からの累積キャッシュフローを報告する必要があります。株主資本の計算書には、発行済み株式数と発行日、および受け取った金額を含める必要があります。声明は、事業体を開発段階の企業として特定し、開発段階の活動の性質を説明する必要があります。通常の運用の最初の期間中、企業は財務諸表の注記セクションで以前の開発段階のステータスを開示する必要があります。

不正な財務報告

不正な財務報告は、作為または不作為にかかわらず、実質的に誤解を招く財務諸表をもたらす意図的または無謀な報告として定義されます。不正な財務報告は通常、企業の内部環境(例:不十分な内部統制)または外部環境(例:貧弱な業界または全体的なビジネス状況)のいずれかに条件が存在することに起因する可能性があります。非現実的な利益やその他の業績目標など、経営陣への過度の圧力も、不正な財務報告につながる可能性があります。

財務報告に関して上場企業の法的要件は、当然のことながら、非公開企業よりもはるかに厳格です。そして、2002年にサーベンス・オクスリー法が成立したことで、さらに厳格になりました。この法律は、2001年にエンロンが見事な破産申請を行ったことと、その後の社内での不正な会計慣行に関する暴露を受けて可決されました。エンロンは、一連の有名な破産の最初の例にすぎません。粉飾決算に関する重大な疑惑が続き、破産した企業だけでなく、会計事務所にまで及んだ。議会は、財務報告要件を強化し、倒産の波に起因する信頼の低下を食い止めるために迅速に行動しました。上場企業の財務報告に自信がなければ、証券取引所は長く存在することはできません。

Sarbanes-Oxley Actは複雑な法律であり、すべての上場企業に重い報告要件を課しています。この法律の要件を満たすために、監査会社の作業量が増加しています。特に、サーベンス・オクスリー法の第404条では、会社の財務諸表と年次報告書に、会社の内部統制の有効性に関する経営陣による公式の記述を含めることが義務付けられています。このセクションでは、外部監査人が内部統制に関する経営陣の報告を証明することも要求しています。管理報告を証明するためには、外部監査が必要です。

民間企業はサーベンスオクスリー法の対象外です。しかし、アナリストは、法律は一般的に会計慣行やビジネスの期待に影響を与えているため、民間企業でさえ法律を知っておくべきだと示唆しています。

シャウニーオニールの身長

監査

会社の財務諸表の作成と提示は、会社の経営者の責任です。公開された財務諸表は、独立した公認会計士によって監査される場合があります。上場企業の場合、法律により監査が義務付けられています。民間企業の場合はそうではありませんが、銀行や他の貸し手は、貸付契約の一部としてそのような独立した小切手を要求することがよくあります。

監査中、監査人は、一般に認められている監査基準に従って、会計システム、記録、内部統制、および財務諸表の検査を実施します。次に、監査人は、一般に公正妥当と認められた会計原則に準拠した財務諸表の公正性に関する意見を表明します。 4つの標準的な意見が可能です。

  1. 非限定的意見 - この意見は、すべての資料が利用可能であり、適切であることが判明し、すべての監査要件を満たしていることを意味します。これは、会社の業務と記録について外部監査人が提示できる最も好意的な意見です。場合によっては、説明文が追加された無条件の意見を企業が受け取ることがあります。状況によっては、監査人がレポートに説明段落を追加する必要がある場合があります。これが行われるとき、意見は「説明的な言葉が追加された」という用語で始まります。
  2. 限定意見 - このタイプの意見は、特定のアカウントまたは取引を除いて、会社の財務資料のほとんどが適切であった場合に使用されます。
  3. 否定的意見 — 否定的意見は、財務諸表が、一般に公正妥当と認められた会計原則に従って、会社の財政状態、経営成績、またはキャッシュ フローを正確または完全に表していないと述べています。このような意見は、監査対象のビジネスにとって明らかに朗報ではありません。
  4. 意見の否認 - 意見の免責事項は、監査人が財務諸表について意見を表明しないことを示しています。これは、通常、会社が十分な情報を提示していないと監査人が感じているためです。繰り返しになりますが、この意見は、監査対象の事業に不利な光を当てています。

監査人の標準的な意見には、通常、とりわけ次のステートメントが含まれます。

財務諸表は会社の経営者の責任です。監査は、一般に認められている監査基準に従って実施されました。監査は、陳述に重要な虚偽表示がないという合理的な保証を得るために計画および実施され、監査は、監査の公正な表示に関する意見を表明するための合理的な根拠を提供しました。次に、監査報告書は、監査人と会社のプリンシパルによって署名され、日付が付けられます。

書誌

「あなたの会社をよりよく提示するために財務諸表を調整してください。」 事業主 . 1999年5月から6月。

アトリル、ピーター。 非専門家のための会計と財務 .プレンティスホール、1997年。

ヘイ・カニンガム、デビッド。 財務諸表の解明 .アレン&アンウィン、2002。

クォック、ベニーK.B. 財務諸表における会計上の不規則性 . Gower Publishing、Ltd.、2005年。

スティトル、ジョン 年間報告 . Gower Publishing Ltd.、2004年。

タウリ、トム。 財務諸表を解読するためのエドガー オンライン ガイド . J. ロス出版、2004 年。

テイラー、ピーター。 中小企業のための簿記と会計 .ビジネス&経済学、2003年。